風呂掃除はちょい掃除とプロ任せに限る!我が家の風呂ピカピカ術

男の家事
この記事は約13分で読めます。
しょう
あんどう

こんにちは。エンジニア兼業主夫のあんどう(@ando_engineer)です。お読みいただきありがとうございます。

チチカジではルーズで飽き性のあんどうが【ラクしてポジティブな生活】をモットーに工夫したことや調べたこと、体験談をまとめています。
 

我が家のお風呂は、日々のちょい掃除とくらしのマーケットでプロにお願いして年1回のペースで掃除しています。ほぼ新築状態に戻ります。実際どのようにやっているかご紹介します!

風呂掃除はちょい掃除とプロ任せに限る!我が家の風呂ピカピカ術

「風呂掃除は面倒くさい」。100人に質問するとYesが100人、Noが0人となる質問です。

同じ水回り掃除の、トイレ掃除やキッチン掃除も確かに面倒くさいのはそうです。

でも、風呂掃除の場合は掃除した結果めちゃめちゃきれいになるかというと、そうはならないところが腹立たしいですよね。

でも風呂掃除をしないと、水あかがこびりついて白いうろこみたいなざらざらしたのが付くし、カビがいろんなところに生えてきて真っ黒になってしまう。

特に白いうろこ状の水あかは、鏡にもついてしまって、だんだんくもってきて、鏡が鏡として機能してくれなくなるということが必ず起こります。

私も定期的に自分で掃除をしていたのですが、日々やったほうがいい最低限の掃除だけ自分でやって、それ以外はくらしのマーケットでプロにお任せしています。

プロの手にかかると、あんなにうろこがついていた鏡が新品に戻るのでぜひおすすめです!

日々の掃除は何をやっているのか

浴槽の掃除(ほぼ毎日)

湯船につかった日は、浴槽を掃除します。

掃除といっても、お湯を抜いた後に浴槽をスポンジで軽くこすって湯アカを落とす程度です。

洗剤も使いませんし、お風呂を最後に出る人がついでに軽くこすってシャワーで流す感じです。

浴槽の外側には水アカがついて取れなくなりますが、それはもう無視します!

排水口の掃除(週1回)

排水口の掃除は週1でしないと詰まってしまうので、やっています。

排水口のゴミ受けにたまる髪の毛を取って捨てて、シャワーをかけてヌメリを流します

置くだけでヌメリが出ない商品などもありますが、我が家ではあまり効果がありません。

ヌメリを直接触るのが嫌な方は、ハイターをかけて30分置いておくと、シャワーで流すだけで十分きれいになります。

防カビくん煙剤(2ヶ月に1回)

水回りで厄介なのが、黒カビですよね。

特にお風呂は湿気が多いし、ゴム製の部品が多いので、一度黒カビが生えてしまうとなかなか取り除くことができません。

でも防カビくん煙剤をやっていると全く黒カビが出ないんです。

最初は半信半疑でしたが、梅雨のジメジメした時でさえ、カビっぽいのは床タイルにも入り口のドアゴムにも出てきません。

一度生えてしまった黒カビがなくなるわけではないので、既にカビがついてしまっているものはカビキラーなどで掃除しないといけないのですが、それ以降はこれだけで十分です。

子供のおもちゃや洗面器、シャンプーなどの容器にも使えるので、うちではぜんぶ浴槽に入れてしまってそのままくん煙剤をかけてしまいます。

くん煙剤に水を入れるとバルサンのように煙が出るので、お風呂場に置いて、換気扇を止めて、ドアを締めてお風呂場を密閉します。

30分後、お風呂場に入るとほぼ煙は消えていますが、その後90分間は換気します。

この煙がお風呂場の隅々まで、おもちゃや風呂桶、身体を洗うタオルなどにも行き渡って防カビになります。

説明書通りにやれば、変なにおいも一切ないですし、失敗することもありません。

うちではこれを常備していて、2ヶ月経ったら週末の昼間にくん煙剤をかけて外出しています。

年に一回の大掃除はプロにお任せ

日々の掃除を上の感じでやっていくと、まず水アカが付きます。

鏡はもちろん、シャンプーラックにも、壁にも、浴槽にもつきます。

1年放っておくともうスポンジでは取れず、爪でひっかいたら石灰のような粉がとれる状況になります。

ここで出てくるのが、くらしのマーケットです。

うちではくらしのマーケットで自分たちの希望にあう作業を行ってくれるプロを探し、お願いしています。

毎年お願いする方は違うのですが、口コミなどを確認してお願いしているので、どの方も完璧な仕事をしてくれています

なぜプロに頼むほうがいいのか

専用機材で掃除している

まずすごい量の機材でやってきます。だいたいみなさん軽トラか軽ワゴンできて、大きな工具セットを1~2セット、さらに鏡を磨くための研磨機などの機材もあります。

だいたいそれらを並べると我が家の脱衣所がいっぱいになります。

なかでも鏡を磨く研磨機がすごいですね。こればかりはプロにしかできません。

どういう仕組なのか全然わかりません(作業中は入れません)が、とにかく鏡にあったうろこの水アカは全くなくなります。

鏡以外にも浴槽や壁、蛇口なども研磨機をかけてくれます。

樹脂部分はきれいにならないところもありますが、金属面は全てピカピカになります。

分解できる限り分解して掃除してくれる

例えば、浴槽のエプロンなんて住み始めて一度も開けたことがないのですが、ネジを全部外して洗ってくれます

それは排水口も、換気扇も同じです。

普段使っていたら汚れを気がつかないところまで掃除をしてくれています。

長時間掃除してくれる

うちが依頼するのはだいたい20,000円のコースなのですが、それだと朝の10時に来て、14時くらいまでお風呂場から全く出てこないプロもいらっしゃいます。

うちの妻は、「もしかして風呂場で倒れてるんじゃないだろうか」と心配して様子を見に行っていました。

そもそも風呂という狭い空間でそんなに掃除するところがあるのかと素人は思ってしまいますが、それがピカピカになる大きな要因かもしれません。

こんなに汚してごめんなさい、ってなりますからね。ほんと。

日々のメンテナンス方法を教えてくれる(プロによる)

これはプロによりますが、よく会話をするプロは、作業完了後に一通り作業内容を説明してくれます。

その際に日々のメンテナンス方法についても教えてくれます。

例えば、蛇口の部分ってすぐにうろこの水アカで覆われてしまいますよね。

これってお風呂を出るときに身体を拭いたバスタオルでちょこっと拭くだけで、ピカピカが維持できるんです。

シャワーのホース管ってゴム製で、黒カビが生えたら取れなくなりますよね。

それも上側の掛け具にシャワーヘッドを置く、というルールにするだけで、ホースが床につかず黒カビがなくなります。

こういう地味ながら、ボディーブローのように後々効いてくるノウハウを教えてくれます

どのようにプロに依頼するのか

プロに依頼する方法

くらしのマーケットのトップページから「お風呂のクリーニング」を選択します。

 

さらにエリアを絞り込み、「絞り込む」ボタンを押すと、近くのプロたちが一覧で表示されます。

ここから口コミを見たり、作業メニューを確認したり、作業内容と金額を比較したりして、自分たちにあったプロを選択します。

プロの空き日程を確認して、希望日とマッチすれば予約をします。

うちがいつも依頼している作業項目は以下になります。プロによってはオプションになる場合もあるので、じっくり確認しましょう。

鏡の水垢・ウロコ落とし
浴室全体の清掃
浴室のカビ除去
換気扇の分解清掃

予約後から当日まで

予約後、くらしのマーケットのマイページ上からメッセージのやり取りをプロと行えます。

ここで作業日の確認と開始時間の相談、駐車場の有無やお風呂場のコンセントや蛇口の有無など、作業をするにあたっての詳細な条件を相談し、決定していきます。

もちろん気がかりな点や不安な点など、細かく相談したいことはここで相談します。

当日以降

当日はもう完全にお任せです。私は何もしません。お風呂場にご案内して、作業が終わるまで待ちます。

時々呼び出されるので、お風呂場に行って相談や案内をします。

作業終了後、お風呂場で作業内容を確認して、最後に現金で費用をお支払いをし、領収書を受け取ります。

万が一の不具合がある場合は

万が一、設備が壊れたり、傷がついたり、元に戻らない場合は、原則としてプロと直接相談をしてお互い納得する形で返金や修理をしてもらいます。

もしプロとの相談でトラブルになって連絡が取れなくなってしまった場合は、くらしのマーケットのサポート窓口に相談ができます。

10万円保証」という制度があり、そこから修理費用が提供されます。

またプロが作業中に水漏れで部屋や家を汚損したり、家族の誰かが怪我をしたりなど、大きな損害が出た場合は、損害保険が使用できます。(最大1億円、審査あり)

まとめ

美味しい食事はシェフに任せるし、商品の配達は配達員に任せます。

子育ては保育士さん、教育は学校の先生や習い事の先生に任せています。

私の考えは、プロがやったほうが時間的にも効率的も結果的にもいい場合は、お金を払ってでもお願いするということです。

もちろん部屋に他人を誰も入れたくない、自分でできる家事は自分でやりたい、という方もいらっしゃると思います。

こればかりはそれぞれの方の考え方なので、どちらが正しいというのは言えませんが、一度試してみて本当にそうなのかを体験していただくのが良いと思います。

日々の家事が少しでもラクになれればうれしいです!



タイトルとURLをコピーしました