子乗せ電動アシスト付き自転車はパナソニックがいい理由

男の育児
この記事は約13分で読めます。
しょう
あんどう

こんにちは。エンジニア兼業主夫のあんどう(@ando_engineer)です。お読みいただきありがとうございます。

チチカジではルーズで飽き性のあんどうが【ラクしてポジティブな生活】をモットーに工夫したことや調べたこと、体験談をまとめています。
 

子乗せ電動アシスト付き自転車っていくつか選択肢があって、どれも似たりよったりで決断が難しいですよね。私が3年乗ったパナソニックの電動アシスト自転車の良いところを他社と比較しつつ、ご紹介します。

子乗せ電動アシスト付き自転車はパナソニックがいい理由

子供が保育園や幼稚園に入園する時期になると、送迎手段を考えないといけません。

送迎手段で多いのは、やはり自転車ではないでしょうか。

最近は自転車の中でも、電動アシスト付き自転車(以下、電動自転車)を購入する方が多くいらっしゃいます。

私も朝、子供を保育園に送りますが、電動自転車で来る親御さんが圧倒的な印象です。

現在、様々な電動自転車が販売されていますが、自転車やさんに行って聞いてみると、大きく以下の3社の自転車がよく売れているみたいです。

ブリジストン ビッケ(bikke)シリーズ
ヤマハ パス(PAS)シリーズ
パナソニック ギュット(Gyutto)シリーズ

これ以外にも、海外ブランドのデザイン重視の個性的なものもありますが、機能性やメンテナンス性(近くの自転車やさんで修理ができる部品があるなど)を考えると上記の3社から選ぶのをおすすめします。

チャイルドシート付ママチャリより子乗せ電動アシスト自転車がいい理由

送迎用の自転車をわざわざ購入しなくても、いまある大人用のシティサイクル、いわゆるママチャリにチャイルドシートをつけるので十分じゃないの?と思う方も多くいらっしゃると思います。

送迎をする手段としては、それで十分利用できると思います。

わざわざいま自転車があるのに、新しい自転車を購入する必要はないと思います。

しかし、やはり子乗せ電動自転車は、子供を乗せる前提で作られた自転車ですので、大人が乗るママチャリとはデザインや設計から違います。

そのデザインや設計の観点からいくつかメリットをご紹介します。

タイヤが太い

出典:http://cycle.panasonic.jp/products/elfe

これはどのメーカーでも言えますが、通常のママチャリの倍くらいタイヤ幅(タイヤのゴム部分)が太いです。

タイヤ幅が太いと、道路との接地面が大きくなる分、雨の日などですべりやすいアスファルトでも滑りにくくなります。

またどうしても車道を走らないと行けないときが結構あると思いますが、車道横に側溝があったりするとグレーチング(側溝の上にある網状のふた)の上を通らないといけないですよね。

その時、ママチャリのタイヤ幅だと網の目にハマってしまい、横に滑ったり、タイヤがロックされてしまって事故になる可能性があります。

しかし、子乗せ電動自転車だとタイヤ幅が太いので、グレーチングの上を通ってもハマることがありません。

タイヤ径が小さい

タイヤ径とはタイヤの直径のことで、多くのメーカーでは20インチのものが出ています。

20インチはちょうど、折りたたみ自転車やBMXのタイヤ径をイメージいただけるとそれに近い小ささになります。

タイヤ径が小さいと自転車に乗ったときの重心が低くなるので、前や後ろにお子さんを載せていても倒れにくくなります。

子乗せ電動自転車は車体の長さがママチャリよりは長くなるのですが、タイヤ径が小さい分、小回りも効くので、あまり負担になりません。

タイヤ径が小さいと、それだけたくさんペダルを踏まないと前に進まないというのは事実なのですが、そこは電動機がアシストしてくれるので、送迎するくらいのスピードであれば全く問題ありません。

スタンドが安定(角度が深い)

出典:http://cycle.panasonic.jp/products/elfe

ママチャリと大きく違うのはこの自転車スタンドです。

子乗せ電動自転車についているスタンドは、まずとても幅広です。普通のママチャリのスタンドと比べると横幅が2倍くらいあります。

スタンドが幅広だと電動自転車を止めたときに安定します。

例えば、風の強い日に駐輪場の自転車がバタバタ倒れているの見かけたことありますよね。

うちの自転車は、隣の自転車に倒されてない限り、風が強くても倒れることがありません。

さらにママチャリだと自転車を上に持ち上げないとスタンドが立たないものが多いですが、電動自転車だとスタンド下部を踏めば、勝手に自転車がスタンドの上に乗っかってくれます。

子供を抱いていたり、荷物を持っていて、片手しか空いていない場合でも、簡単に止めることができます。

専用チャイルドシート

子乗せ電動自転車はどのメーカーもオリジナルの専用チャイルドシートがついています。

チャイルドシートが自転車にきれいに固定できるので、万が一事故に遭ったり、倒れてしまったりしてもチャイルドシートが自転車から外れたりすることがありません。

デザイン的にも統一感があってきれいなので、専用チャイルドシートをおすすめします。

パナソニック ギュットがいい理由

うちが最終的に購入したのは、「パナソニック ギュット・ミニ・DX」です。20インチのモデルで3人乗りです。

2019年からは「パナソニック ギュット・クルーム・DX」に名前が変更しているので、こちらでご紹介します。

近くの自転車やさんで購入したのですが、後ろのかごやヘルメット、カッパや自転車カバー、防犯登録手数料と簡易保険を含めて、200,000円弱だったと思います。

みなさんと同じように色々と比較したのですが、最終的にギュットを購入するに至った理由をご紹介します

初速が速い

他の2者に比べて、ペダルを踏み込んだときに「ぐぅ~ん」っと進みます。少し身体が自転車に持っていかれる感覚です。

これはギュットの特徴のようで、止まっている状態からペダルを踏み込むと、電動機がパワーを後押ししているのを感じます。

この感覚は実際に体験したほうがいいと思いますので、自転車やさんで試乗させてもらうのがいいと思います。

うちの妻は、この感覚を最初嫌がっていましたが、もう慣れてしまっています。初速が速いというのを意識してペダルを踏めば、安全に走行できるようです。

なぜ初速が速いのがいいかというと、一つは足に負担がかからないことです。

止まっている状態から重い自転車を動かすための、最初の数回のペダル回転が一番頑張って踏まないと行けないわけです。

一旦動き始めれば、慣性の法則である程度の力で踏めば進みますので、最初が肝心なのです。

これが緩やかに発進すると、足に負担がかかりますよね。これが発進のときに毎回負担がかかると地味に足にきます。

もう一つは、初速ですぐにある程度のスピードに乗ることで、自動車との接触事故が減ります。

例えば信号で自動車のすぐ横に停まっているとします。もちろん自転車なので、先頭車両の横に停まっています。

そこから発進するとギュットだと自転車の方が前に出ることができます。自動車の初速より少しだけ速いので、それだけ自動車に気がついてもらいやすくなります。

特に先頭車両が左折する際に、自転車が直進する場合、巻き込み事故が起きる可能性があるので、自分が自転車で直進することを早めに先頭車両に知らせることが大切です。

ロングスカートでもまたぎやすい車体

出典:http://cycle.panasonic.jp/products/elfe

自転車に乗るとき、降りるときは真ん中の車体フレームをまたぐ必要があります。

子供の送迎なので、その時来ている服はスーツだったり、ビジネスカジュアルだったりするわけです。

伸縮性のあるジャージではないので、車体フレームを大きくまたぐ必要があると、足がひっかかって倒れたりする危険が伴います。

しかし、ギュットは写真のようにまたぎやすい設計になっていて、他のメーカーの自転車も試乗しましたが、ギュットが一番またぎやすいデザインになっていました。

他社メーカーでいうとブリジストンのビッケ(bikke)シリーズのポーラーは、いわゆる低床フレーム設計になっているようです。

シートベルト自動巻き取り式

出典:http://cycle.panasonic.jp/products/elfe

チャイルドシートにつけるシートベルトは、乗り降りするときに毎回脱着する必要があります。

本来であれば、安全のためにシートベルトは毎回しっかり子供の体にぴったりになるようにしないといけないのですが、毎回調整するの面倒で同じ長さで使いますよね。

ギュットシリーズは、シートベルト自動巻き取りの仕組みがついていて、毎回簡単に長さを調整します。

まずはシートベルトのロックを外して、いくらでも出てくる状態にします。

その状態でバックルをはめて、手を離すと子供の体にあうようにピタッとなる状態までシートベルトが縮みます。車のシートベルトと同じですね。

そのあとシートベルトのロックをすれば、その長さで維持されます。

これがめちゃめちゃラクなんですよね。

毎回着る服によって、季節によってシートベルトの長さって違うので、これを毎回使うことで、Tシャツであろうが、ダウンジャケットを着てようが、きれいにフィットします。

スタンドを立てるとハンドルロック

ギュット・クルームでは、スタンドを立てるとハンドルがロックされる「スタピタ2」という機能があります。

スタンドを立てて停めたときに、前カゴに子供が乗っていて、かつ買い物袋をぶら下げたりしていると、ハンドル部分に重さがかかってハンドルが勝手に動いてしまいます。

ハンドルが90度以上横に曲がると、自転車自体が倒れてしまうので、前カゴに子供を載せている場合はとても危険です。

「スタピタ2」があると、ハンドルがしっかりロックされるので、ハンドルが勝手に曲がっていくことがありません。

もちろんロックされていても、手動でハンドルは動かせるので自転車を停めた後にハンドル位置を調整するのは簡単です。

テスラでも使われているリチウム電池

私個人としては、リチウム電池はパナソニック製がいいなと思ったことも一つの理由です。

リチウム電池の市場はパナソニックが他社よりかなり先行していて、技術的にもトップクラスだからです。

もちろんスペック的には他社メーカーもそんなに変わらないのですが、数年使用していくうちにその影響が出てくるのではと思っています。

ちなみに電気自動車で世界的に有名なテスラに搭載されているリチウム電池は全てパナソニック製です。

テスラ用のリチウム電池を作るための大きな工場をアメリカに最近作ったくらい、パナソニックの蓄電技術は信頼されています。

比較したときに魅力だった他社製の良い点

ヤマハ パス(PAS)

ヤマハPASは、前チャイルドシートの「コクーンルーム」が他社にはない機能です。雨の日や風の日は、前チャイルドシートは風雨をもろに受けるので、できるだけ保護されている方がいいなと思いました。

ただうちが購入した年から新しくなったデザインで、もしかしたら使用するうちにコクーンルームが劣化してガタガタなるかもしれないということを考慮して、やめました。

ブリジストン ビッケ(bikke)

ビッケの一番いいところは、ベルトドライブですね。

一般的な自転車は金属製のチェーンが回って自転車が動きますが、ビッケはゴム製のベルトがついていて、それが回ります。

ゴム製のベルトであれば、チェーンが外れるというトラブルはなくなりますし、油をささなくてもずっと使うことができるので、メンテナンス性に優れています。

さすがゴムで有名なブリジストンですね。

もう一つは、両輪駆動です。これは、前輪が電動で回り、後輪は一般的な自転車同様、ペダルで回す仕組みです。

これがあると、ガタガタ道や坂道は、自動車でいう四輪駆動(4WD)のように簡単に走行することができます。

雨の日の対策

自転車を購入するときは、雨の日対策のグッズも一緒に購入しないといけません。

うちが雨の日対策として使っているグッズを少しご紹介します。

Little Kiddy’s

子乗せ電動自転車を載っている方で、この雨除けカバーを見たことがない方はいないんじゃないかというくらいみなさん使っています。

ネットでは購入できない(入荷待ち)の状態が続いたり、近くの自転車やさんで取り寄せないといけなかったりします。

ただこのLittle Kiddy’sは、かなり細かいところまで作り込まれていて、大雨があたっても子供には一滴もついていませんし、雨じゃない日はコンパクトにまとまるのでおすすめです。

ワークマンのカッパ

カッパは、小さくたためる薄いレインコートと、自転車やさんやホームセンターなどで販売しているレインポンチョなどはやめたほうがいいです。

雨が降った状態で自転車を運転すると、全く意味がなくなります。

私がおすすめしているのは、ワークマンで販売されているこのカッパです。

上下セットで5,000円くらいのものですが、防水性と透湿性に優れていて、すぐ乾きます。

雨の日はこれを着て、大雨の日は靴にビニール袋をかぶせておけば、子供を送迎し終わった後でも顔以外は全く濡れていません。

最後に

子乗せ電動自転車は、一度購入したら5年以上使うものなので、自転車やさんで試乗を必ずして購入することをおすすめします。

近所の自転車やさんであれば、その土地のこと、例えば坂道が多いとかでこぼこ道がおおいとか、小回りが聞くほうがいいなどのノウハウがありますので、最終的にそこで買うかどうかは別にして一度見てみることをおすすめします。

この記事が自転車購入の参考となればうれしいです。

 

タイトルとURLをコピーしました